今の治療、いつまでやれば?

数回の人工授精でうまくいかず、治療を体外受精に移行しましたが、それでもなかなか結果が得られません。別の治療法かもっと設備の整った専門病院への転院した方が、妊娠の可能性が高まるのではないかと悩んでいます。

先生のアドバイス

なかなか妊娠できないのはなぜなのか…
さらに詳しい不妊検査を受けて原因を探っていきましょう。

不妊治療の技術は日々進歩していっていますが、これをしたら必ずこうなるといった確定的な治療法がまだ確定されていない、というのが現実です。

不妊の原因は様々あげられていますが、原因不明と診断される事も珍しくありません。ですので、ここまで治療を続けたら妊娠する、という答えがないに等しく、現在の治療が正しいのか、別の治療に変えるべきなのかを悩んだり、また治療途中で断念される方も少なくありません。

原因不明の不妊の場合、冷え、貧血など女性にありがちな栄養欠乏による機能性疾患の可能性もあるのです。

治療を続けているがなかなか妊娠できずにお悩みのようでしたら、さらに詳しい検査が受けられるクリニックを受診される事をおすすめします。当クリニックでは、通常の不妊検査以上の60項目による検査を行います。このような詳細な検査によって原因を探った結果で、今後どうした治療をおこなっていくべきか、医師はもちろんパートナーとも良く話し合いながら、決めていきましょう。

自分たちが納得して取り組めるかどうかで、治療へ向かうモチベーションも決まってきますし、何より精神的な負担(ストレス)の軽減にもつながります。ストレスが軽減されるという事は、体を妊娠へ向けて整えるためにとても重要な事柄の一つです。自分たちが受ける治療に対して、納得できるまで相談に乗ってくれるクリニックを探すことは、とても大切なことだと思います。

注目の不妊治療 》

矢崎 智子先生