薬の副作用がひどい…

不妊治療のため、排卵誘発剤などのホルモン投薬をかなり続けているのですが、頭痛や吐き気・腹痛などの副作用がかなりあり正直とても辛い状態です。
妊娠するためには仕方がないと思うのですが、やはり我慢して続けた方がいいのでしょうか。

先生のアドバイス

排卵誘発剤は不妊治療に必要な薬。
ですが、あまり副作用が強いようでしたら医師に相談しましょう。

不妊治療において、薬の投与というのは欠かせない要素です。卵子を育て排卵を促すための排卵誘発剤を始め、採卵前に排卵してしまわないように排卵を抑制するもの、着床を手助けするもの、不妊原因となっている症状を改善するために使うものなど、その種類は用途に合わせて様々です。いずれも、妊娠へ向けて必要不可欠なホルモン剤なのですが、人によっては強い副作用が出てしまう場合もあります。中でも、タイミング法や人工授精など、不妊治療初期に処方される飲み薬は脳に穏やかに働きかけるため、比較的副作用は少ないとされています。

しかし、これが高度生殖医療に入ってきますと、注射で直接卵巣へ働きかけるようになります。すると副作用も、OHSS(卵巣過剰刺激症候群)など大きくなる可能性が高まるのです。副作用のあらわれかたは人それぞれですが、辛い場合はすぐに医師に相談し投薬の方向を検討しなおしてもらいましょう。

また、ご自分が飲んでいる薬について良く調べる事もおすすめです。そうしておくと、別の病院などで相談する場合に大変参考になります。病院で処方の薬がどうしても合わない時は、漢方薬など別の治療法を検討してみるのも、体の負担が大きくならないといった点では、おすすめできる方法だと思います。

漢方薬などの治療法についてはこちら 》

矢崎 智子先生