健康な赤ちゃんはまだ産めますか?

不妊治療に取り組んでいますが、30代後半ですので妊娠できたとしても高齢出産となります。
年齢的なことを考えると、本当に妊娠できるかどうかも心配ですが、高齢出産になると赤ちゃんに障害が出やすいと聞いて不安に思っています。

先生のアドバイス

確かに、高齢出産にはリスクがあります。
よく理解してそのリスクに対応できる治療をしていきましょう。

確かにご指摘の通り、20代の女性に比べると40歳前後の女性の方が、生物学的観点からみて妊娠に対応するのにベストな状態ではないことは、事実です。そのため、高齢になるほど妊娠・出産には様々なリスクが伴うのです。

母体への負担はもちろんですが、赤ちゃんにしてもダウン症や内臓疾患などの障害を持って生まれる確率が高くなるといわれています。もちろん全ての高齢出産の方がそうなるわけではありませんが、そういったリスクが若い方と比べて高いという事を理解したうえで、そのリスクを軽減する方法を探しながら不妊治療を続けていくことをおすすめします。

その中の一つとして現在、高齢の方でも健康な赤ちゃんを授かれる方法「分子整合栄養医学」が注目されています。これは遺伝子の構造から研究・応用・発展している分野で、女性の体に器質的な疾患がなければ、不妊治療はもちろんのこと、高齢出産であっても健康な赤ちゃんを授かれる可能性の高い治療なのです。

また、そうした治療とともに考えておきたいのが、産科選びだと思います。高齢出産の場合には、出産に際して妊娠中毒症などの不測の事態が起こりやすくなります。そうしたハイリスク出産に適切に対応してくれる産科を探し、早めに受診してよくコミュニケーションをとるようにしておきましょう。

注目の不妊治療 》

矢崎 智子先生