不妊症の原因

不妊症の原因とは

赤ちゃんが欲しいのになかなかできない、そういったお悩みを持つカップルはとてもたくさんいらっしゃいます。妊娠しにくい原因のひとつとして、お互いの体の生殖機能に何らかのトラブルが起こっていることが考えられます。女性ですと、代表的なのが子宮内膜症や卵管障害など。男性ですと乏精子症などが挙げられます。
これらのトラブルは不妊症検査を受けることで特定することができますが、検査の結果「原因不明」とされるケースも少なくはありません。その「原因不明」の一つではないか?といわれているのが、ストレスによる心的要因です。これについてはまだ完全に解明はされていませんが、妊娠に対するプレッシャーが解けた途端に妊娠した、というケースは、実に多く報告されています。

矢崎 智子先生

男性の場合

男性不妊の主な原因といわれているのが、「造精機能障害(乏精子症・無精子症)」「精索静脈瘤」「精路通過障害」「性感染症」「精機能障害(ED)」などです。精巣内で健康な精子がつくり出せなかったり、精子の通り道に障害があったりすると、自然な性交渉では妊娠するのが難しい状態となります。
治療としてはホルモン剤の投与や外科的手術をおこない、症状の改善に努めます。改善度合いによっては自然妊娠も望めますが、女性の年齢が高く妊娠を急いでいる場合や、改善があまり見られない場合は、体外受精・顕微授精で妊娠を目指します。
また、「精機能障害(ED)」の場合には、心的要素の改善も必要となりますので、カウンセリングや薬物療法で心身両面からの治療にあたる事になります。

男性の場合に関してもっとよむ

女性の場合

女性不妊の主な原因といわれているのが、「子宮筋腫・子宮内膜症」「卵管障害」「排卵障害」「高プロラクチン血症」「性感染症」「黄体機能不全」などです。 他にも「不育症」など様々な原因があげられていますが、これらのほとんどはホルモン分泌の異常が発端となっています。そのため治療はホルモン剤などの薬物療法が多く採用されていますが、「子宮筋腫」など外科的手術をおこなう症状の場合もあります。
また、他の要因で不妊の原因といわれているのが「体の冷え」と「ストレス」です。体が冷えていたり、ストレスで緊張していたりすると、体は委縮し、血液の循環が悪くなってしまいます。その結果、体内では免疫力の低下やホルモンバランスが崩れるなどの、マイナスの変化が起こってしまうのです。もちろんそれは、婦人科系の機能低下にもつながりますので、不妊の原因とされています。

女性の場合に関してもっとよむ