ストレス解消法

体を動かそう

不妊治療はここまでやったらこうなるという明確なゴールが見えづらいため、精神的な疲労(ストレス)が溜まりやすい治療といえます。しかし、ストレスを体に溜め過ぎてしまうのは、女性はもちろん男性も不妊治療の妨げとなってしまうのです。ですので、妊娠しやすい体づくりの努力として、ストレスの解消も大事な治療の一つといえるのです。

ストレスがたまるとイライラして、マイナスなことばかり考えがちになってしまいます。そこで気分転換も兼ねて、ストレッチや散歩など適度な運動をして汗をかく事をおすすめします。体を動かす事によって、ストレスの緊張で硬くなった体をほぐしてあげましょう。そうすると血液の循環も良くなり新陳代謝も向上し、体全体のバランスが整っていきます。

汗をかくことで老廃物を体外に出し、気分もすっきりとしますし、ホルモンバランスを整える効果も見込めますので、妊娠へ向けての準備としてぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

体を動かそう

香りで癒されよう

ストレス解消法としてもう一つおすすめなのが、「アロマセラピー(芳香療法)」です。今アロマはとても身近なものとなっていますので、皆さんもリラックス法の一つとして良くご存知かもしれませんね。

アロマは天然の植物から抽出された精油の香りを嗅ぐことで、ストレスの負荷による脳の緊張を和らげる効果があります。また、精油にはそれぞれ脳に働きかける効果があり、体の不調に合わせて精油を組み合わせそれを嗅ぐ事によって、症状の改善が見込めるといわれています。特に女性の場合、生理周期に合わせて精油を使いこなす事によって、ホルモンバランスが整う効果も見込めます。

自分の好きな香りにバスタイムやお部屋でゆっくり包まれてリラックスするもよし、芳香療法としての使い方をするもよし、アロマが苦手でなければぜひ試していただきたい方法です。

香りで癒されよう

カウンセリングを活用しよう

不妊治療にはどうしても不安が付きまといます。そのため、身近な人にはつい感情的になってしまったり、悩みを打ち明けられなかったりと、どんどん自分の内面に閉じこもってしまいがちになります。でもそれでは、自分自身の体をどんどん妊娠しづらい体に追い込んでいってしまう事になってしまうのです。そんな時はぜひ、専門医療機関などにある「不妊相談センター」を活用しましょう。

多くの不妊治療の方の相談にのっているカウンセラーに、今の悩みや不安を打ち明けることで、気持ちの整理ができ落ち着く事ができます。また、不妊治療に頑張っている、他の方のお話を聞くのも良い事だと思います。同じ思いの方の話は、きっと今のご自分の思いと同調することが多く、不安だけの思いから解消される手助けとなってくれるはずだと思います。

矢崎 智子先生